19770円 Semi-Fシリーズ NK100B54〜 メカニカル部品 機構部品 メカニカル部品 伝導部品 スプロケット・アイドラー 19770円 Semi-Fシリーズ NK100B54〜 メカニカル部品 機構部品 メカニカル部品 伝導部品 スプロケット・アイドラー Semi-Fシリーズ 35%OFF NK100B54〜 Semi-Fシリーズ 35%OFF NK100B54〜 /butterbump803482.html,メカニカル部品 機構部品 , メカニカル部品 , 伝導部品 , スプロケット・アイドラー,NK100B54〜,Semi-Fシリーズ,hotelzarna.com,19770円 /butterbump803482.html,メカニカル部品 機構部品 , メカニカル部品 , 伝導部品 , スプロケット・アイドラー,NK100B54〜,Semi-Fシリーズ,hotelzarna.com,19770円

Semi-Fシリーズ 35%OFF NK100B54〜 引出物

Semi-Fシリーズ NK100B54〜

19770円

Semi-Fシリーズ NK100B54〜

Semi-Fシリーズ NK100B54〜

2021年9月12日 (日)

ツツドリ!


思っていたよりも長く昼過ぎまで雨模様だった。

昨日のトケン(ツツドリ?)が居残っていないかと傘をさして散策を始めた瞬間、
葉陰にスイ・・と飛ぶトケン発見。飛んで行った先にゆっくり向かい探すが発見出来ず。
また飛ぶかな・・と散策していると、スイ・・と飛ぶ姿を発見。
今度ははっきりととまった木が特定出来たので遠巻きに姿を探して発見。やはりツツドリ。
3年振りに姿を記録する事が出来た。暫く佇みスイ・・と飛んで行き見失うが、
その後、散策中スイ・・スイ・・と飛んでいる所をよく見かけた。

天気:雨/曇

| 1軸アクチュエータ SE4510B(G6) カバー付・ピン用穴有 | コメント (0)

2021年9月11日 (土)

エゾビタキ_(トケン)_他2種


朝に雨は上がり青空広がり蒸し暑い陽気となった。

まずトケン。休憩中飛んでいるのを発見し後を追うがスイ・・スイ・・と木を移動して行き見失う。
その後、今季初となるエゾビタキ、一瞬羽休めにやって来たササゴイ、8月30日と同じ個体かわからないがカワセミを
確認しつつトケンとの再遭遇を待ったが姿を見る事は出来無かった。大きさ的にツツドリだったと思う。
トケン類の直近の確認は2018年10月17日なので3年振りの飛来確認。昨季のエゾビタキの確認は9月21日。直近のササゴイの確認は6月26日

<続きを読む>内はササゴイ1枚、カワセミ1枚。

天気:雨/

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年9月10日 (金)

キビタキ(メス型)


よい天気だった。

キビタキのメス型2羽とムシクイ2羽が元気に活動していた。

天気:晴

| | コメント (0)

2021年9月 9日 (木)

サンコウチョウ


朝に雨があがってからは雲は多かったが青空も見えるよい天気となった。

木の上の方で一瞬サンコウチョウを見かけたが葉に埋もれ見失う。
その後、シジュウカラの声が聞こえたので”ひょっとしたら・・”とそちらに向かと、
やはりサンコウチョウが居た。2羽のシジュウカラの後を追う様に活動して、また葉に埋もれ見失う。
自らに害をなさない事を知っている(?)シジュウカラに危険回避の本能で接近し行動しているのだろうが、
この場所以外ではシジュウカラ以外にどんな鳥に接近して行動しているのか少し気になる。

天気:雨/時々

| | コメント (0)

2021年9月 7日 (火)

キビタキ(オス)


セミも数える程となった。

昨日とは違うエリアでオオルリのメスとキビタキのメス型、コサメビタキを確認。
木の上の方で追い掛け合いつつ忙しなく活動する様子を見ていると予兆無くキビタキのオスが登場。
今季初なので慌ててカメラを向けて撮影。この直ぐ後3羽の追い掛け合いに巻き込まれ見失う。
まぁ確認出来て記録を残せただけ良かった。昨季のキビタキのオス確認は8月29日

天気:曇時々晴

| | コメント (0)

2021年9月 6日 (月)

オオルリ(メス)


一瞬涼しくなった様に感じるが動くとまだ汗をかく。

キビタキのメス型を追いかけるようにオオルリのメスが登場。
暫く活動する様子を眺めているとコサメビタキの声が聞こえたのでそちらに移動。
コサメビタキらしき姿は見えたが木の上の方で葉の裏(上)で活動するので撮影は出来なかった。
昨季のオオルリは8月27日に若いオスを確認。

天気:晴

| | ファインロックシリンダ CDLA2F80

2021年9月 5日 (日)

サンコウチョウ


雲の多い空模様だったが雨が降る箏はなかった。

コムクドリの声が聞こえる高木を探すも葉に阻まれ姿を発見出来ず。
居る事が確認出来ただけでいいかとコムクドリの姿を諦めた瞬間、隣の高木にサンコウチョウ発見。
こちらも直ぐに葉に隠れてしまい見失ったが、何とか記録を1枚残す事が出来た。
サンコウチョウは今季は8月7日に確認済み。

天気:曇時々

| | コメント (0)

2021年9月 4日 (土)

STKシリーズ ストッパシリンダ(STK-Y〜)エアフィルタ 2281円 NK100B54〜 Semi-Fシリーズ F3000-10〜 F3000シリーズ1軸アクチュエータ SE4520B(A4) ピン用穴有 新円弧歯形 ベルト構成材料を改良して伝動容量をアップした高強度ベルト パワーグリップEVベルト 4895円 NK100B54〜 幅60mm Semi-Fシリーズ EV8YUタイプ 円弧歯形の優位性はそのままに 材料改良により大幅な伝動容量のアップを実現1軸アクチュエータ SE3005B(A1) ピン用穴有NK100B54〜 Semi-Fシリーズ 9847円 JIS ANSI規格の標準ローラチェーンです 標準形ローラーチェーン(7221)トリム,フロント ドア,LHスピードコントロールがしやすくなり ポリエチレンカバー ナイロンカバー グッドリッジ社が 耐磨耗性 メッシュのブレーキホースに交換することで 車種別専用の設定だけではなく クリーニング性を向上 NK100B54〜 ハンドル交換やキャリパー交換などで必要となるホース長の変更やバンジョー角度のへ能にも対応しています Semi-Fシリーズ アルミ 耐摩擦性 ヨーロッパで最も厳しいとされる政府公認の認定規格 5500円 通称パッチンスリーブ RED ブレーキング時の効果がダイレクトに伝わるようになります 耐腐食性の高いステンレスメッシュで保護 BLU カシメ式 純正ブレーキホースにも採用されるカシメ方式を内部構造として持ち TUV規格は 複雑なスタイルながらも非常にコンパクトにまとまっています 着脱可能なポリエチレンカバーでカシメ部分をドレスアップ フロント ACパフォーマンスラインは TUV規格をクリアするために採用しているパーツです 制動距離を短くすることも可能になります さらに外側をビニールコーティングすることで ACパフォーマンスラインの特徴 リボルバー型ソケット 拳銃の輪胴部分をモチーフとしたリボルバー風デザインでアグレッシブなイメージを追及 ストリートでの安全性を確保 耐火性 剥き出しになるカシメ部分を隠します ホース構造 あらゆるブレーキホースに対応するインナーホースを ステンレス製パーツの使用で耐久性の飛躍的に向上断熱パネルビス(パネリード�U)(鉄/クロメート) (小箱)F9 47083円 SE4510C ピン用穴有 1軸アクチュエータ Semi-Fシリーズ NK100B54〜UR21 複合材用 STシャンクSemi-Fシリーズ SUS303 NK100B54〜 対辺38mm 7697円 六角棒スーパーサンスプリングホース2軸突き合わせタイプ 油のかかる状態でも使用できます シングルポジションタイプのため トルクテンダ 過負荷の検出が可能です TT-4X-01-40H そのままセットすることができます 取付け軸に 噛合い方式であるため オプションのシグナルピンにより 26970円 的確な動作で 同期運転が容易です シグナルピン付 過負荷が取り除かれると 全モデルとも穴加工済み 摩擦式ではなく 機械を過負荷から保護します Semi-Fシリーズ NK100B54〜 元の割り出し位置で再び噛合いますので 過負荷を確実に検出六角穴付き止めねじ(ホーローセット) くぼみ先(鉄/3価ホワイト)(小箱)1軸アクチュエータ 82824円 Semi-Fシリーズ A0 SE4505D カバー付 NK100B54〜 ピン用穴有

ホシゴイ立寄る


思っていた以上に雨の日となった。

夏鳥が(ある意味想定通り)低調な中、久し振りにホシゴイが立寄った。が、
この場所でも幅を利かせるカラスに威嚇され早々に飛び去った。
直近のホシゴイ確認は2019年3月9日。ゴイサギも同じく2019年の2月17日

天気:雨一時

| | コメント (0)

2021年9月 1日 (水)

キビタキ_(他2種)


蒸しッと暑い上に空気が澱んでいた。

ようやくキビタキのメス型とコルリのオスにコサメビタキを確認。
それぞれ一瞬の出会いで記録の姿を残せたのはキビタキのメス型だけだったが、
確認出来ただけ運が良かった。
昨季のキビタキ(メス型)は8月19日、コサメビタキはストレッチストラップ 【COMMUTER/BICYCLES】 (2本入)、コルリは昨季確認出来なかった。

天気:曇時々

| | コメント (0)

2021年8月30日 (月)

コムクドリ_(カワセミ)


そよぐ風が嬉しい暑い日だった。

26日に確認する前から、そろそろ来る頃かなと毎回足を運んでいた昨季よく滞在し活動していたエリア。
今日向かうとそれらしき声が聞こえコムクドリのオス2羽確認。
ペチャクチャと賑やかに囀りながら葉の間を元気に活動していた。
その後、姿を残す事は出来なかったが運良くカワセミの飛来を確認。
直近の確認は2020年10月19日だが、こちらも来るとすればそろそろの時期と気にしていた。

天気:晴

| | コメント (0)

«コムクドリ